上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
皆さん、こんにちは。
カラダファクトリー逗子店 関根でございます。

さて、暦は6月。
すっかり梅雨のシーズン突入ですね。
曇りや雨の日が多くなってしまうので、気持ちも沈みやすくなってしまいますよね。
この季節は、体調不良を訴える人は少なくはないはずです。
この時期は天気が変わりやすく体調管理が難しい季節ですからね。
ですが、この時期体調管理が難しく体調不良になりやすい大きな要因として「天気」が大きく関わっています。

天気予報などでよく耳にする言葉として「気圧」という言葉がありますよね?
あれは何かといいますと、空気の圧力「大気圧」の事なのですよ。
気象庁が定めた基準では、1013.25hpa(ヘクトパスカル)を1気圧として、これよりも気圧が高ければ「高気圧」、気圧が低ければ「低気圧」と定義しています。

では、これが体調不良と何の関係があるのかといいますと
低気圧の時には、身体にかかる大気圧が小さくなるので血管や内臓などが膨張して、血液の巡りが悪くなり身体中のリンパの循環機能の低下や、内臓機能の低下から全身の体調不良につながるわけです。
更に、曇りや雨の日は神経伝達物質のセロトニン(人間の心と身体を覚醒させる物質)の分泌が悪くなってしまい、副交感神経が優位になってしまうのです。
そのような状態が続いてしまうと、自律神経のバランスが崩れてしまい、体調不良に繋がってしまうのです。

この時期は、心身ともに疲れが溜まりやすい季節ですから、適度な運動と充分な休養を摂って来る夏に備えましょう!
スポンサーサイト
2015.06.02 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://karadafactoryzushi.blog38.fc2.com/tb.php/674-2bea337c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。